パタゴニア Photo: Ilja Herb

雪崩事故防止研究会とは、
雪崩に関する知識の啓蒙と雪崩対策装備の普及を目的として、1991年に設立された任意団体です。
毎年、登山者、スキーヤー、スノーボーダー、スキー場関係者など、冬山に関わる人を対象として、「雪崩事故防止セミナー」や講演会を開催しています。Facebookでも情報発信していますので、ぜひご覧ください。

 

■講演会・セミナーのお知らせ

  ■ 第27回 雪崩事故防止セミナー(主催:雪崩事故防止研究会)
      日程・会場:2018年1月20日(土)〜1月21日(日)
      会場:北海道大学 手稲パラダイスヒュッテ周辺
      定員:24名  参加費:一般 16,000円 学生 8,000円
      申込み締め切り:2018年1月12日(金)(FAX・郵送・Email・電話でお申し込みください)
      詳細は、ASSHセミナー申込書2017をご覧ください。

      お問い合わせ: 電話(011)521-0767・FAX(050)3737-4757・E-Mail info@assh1991.net


ASSHセミナー申込書2017(PDF61.1MB)


昨年のセミナーの様子

    ■第25回講演会「雪崩から身を守るために」
    
 (主催:北海道大学山スキー部・雪崩事故防止研究会・(公社)日本雪氷学会北海道支部)
      開催日時:2017年10月28日(土)10:00-17:00(入場無料)
      場  所:北海道大学クラーク会館 講堂 (札幌市北区北8条西7丁目)
           北海道大学陸上競技場 札幌市北区北17条西12丁目

      内  容:
      
09:45     開 場
       10:00     開 会
       10:05-10:55 「雪崩対策の基礎知識~雪崩回避から装備まで~」
               ◇大西人史(雪崩事故防止研究会副代表・雪氷災害調査チーム・三段山クラブ代表)
       11:00-12:00 「北海道のエアーレスキュー」~北海道防災航空隊~
               ◇佐伯紀章氏(北海道防災航空隊長)
       12:30-13:30 「北海道防災航空隊エアーレスキューデモンストレーション&ヘリコプター展示」
               会場:北大陸上競技場
       14:00-15:00 「雪崩の発生メカニズム」~雪の科学~
               ◇尾関俊浩(北海道教育大学札幌校・雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム)
       15:30-16:55  (公社)日本雪氷学会北海道支部「雪氷災害調査チーム」調査報告「ニセコ春の滝」
               ◇榊原健一(北海道医療大学・雪崩事故防止研究会)
              「那須の雪崩事故」「降雪結晶メカニズム」
               ◇中村一樹(国立研究開発法人防災科学技術研究所)
       17:00     閉 会

       9:45-17:00 展示ブース開設(雪崩対策の最新装備・雪山を楽しむための装備の展示◇情報の提供と交流の場)

       

ASSH-POSTER


パンフレット(PDF2.6MB)


■過去の講演会・セミナー

お問い合せ : 

(注)自動検索エンジンによる迷惑メール防止のため、上記e-mailアドレスをクリックしてもメールソフトが立ち上がらないようになっています。
ご用の際はお手数ですがメールソフトに上記アドレスをインプットしてから送信してください。

雪崩事故防止研究会とは、
雪崩に関する知識の啓蒙と雪崩対策装備の普及を目的として、1991年に設立された任意団体です。
毎年、登山者、スキーヤー、スノーボーダー、スキー場関係者など、冬山に関わる人を対象として、「雪崩事故防止セミナー」や講演会を開催しています。 また、山と渓谷社より「決定版雪崩学」を出版し、全国レベルでの啓蒙活動も行っています。