第26回講演会「雪崩から身を守るために」

※会場が北大クラーク会館から北大工学部オープンホールに変更になりました(9/25)
(主催:雪崩事故防止研究会・北海道大学体育会山スキー部・(公社)日本雪氷学会北海道支部 後援:北海道教育委員会)

開催日時:2018年11月10日(土) 10:00〜17:30(入場無料)
場  所:北海道大学工学部 オープンホール(B1-201) (札幌市北区北13条西8丁目)


展示ブース:9:50-17:30

〇雪崩対策の最新装備・雪山を楽しむための装備の展示
〇情報の提供と交流の場

内  容:
10:00〜10:05 開会

10:05〜10:55 雪崩の発生メカニズム」〜雪の科学〜

尾関 俊浩(北海道教育大学札幌校・雪崩事故防止研究会・雪氷災害調査チーム)

11:00〜11:30 「北海道のエアーレスキュー」〜北海道防災航空隊~

薄井 貴之(北海道防災航空隊副隊長)

12:00〜13:00 エアーレスキューデモンストレーション&ヘリコプター展示

会場:北海道大学陸上競技場
※悪天候&出動事案がある場合は中止
代替プログラム13:00〜13:30「雪崩調査報告」 大西人史による講演

13:30〜14:10「雪崩対策の基礎知識」〜雪崩の回避方法から装備まで〜

大西 人史(雪崩事故防止研究会副代表・雪氷災害調査チーム・三段山クラブ代表)

14:15〜15:05 「雪崩医療」

及川 欧(雪崩事故防止研究会・旭川医科大学・雪氷災害調査チーム・雪崩事故防止研究会)

15:35~17:15 「最新科学でひもとく那須の雪崩事故」

  • ~那須雪崩事故概要〜 阿部 幹雄(雪崩事故防止研究会代表・雪氷災害調査チーム)
  • 2017年那須岳雪崩調査結果報告  中村 一樹(国立研究開発法人防災科学技術研究所)
  • 表層雪崩をもたらす短時間大雪のメカニズム 荒木 健太郎(気象庁気象研究所)
  • 雪崩災害調査へのUAV-SfMの活用可能性 内山 庄一郎(国立研究開発法人防災科学技術研究所)
  • 低気圧性降雪による表層雪崩危険度予測の試み 中村 一樹(国立研究開発法人防災科学技術研究所)

17:20〜 閉会